ブログ
Blog
2021.09.06

誰もが師、広く学びの目を持つ大切さ

こんにちは、営業スタッフの福井大樹です。

朝晩がめっきり涼しくなりまして、秋めいてきました。最近までのあの暑さは何だったのかと思うくらいの変わりようですね…!?

さて、今にしてこんな事を言うのは、いささか恥ずかしく思うのですが、やはり人生は学びの連続、そして見聞を広く持たないといけませんね…。

これまで私は、自分が所属する会社で紹介する商品はどこに出しても後ろめたさの無い物を紹介してきたと思っておりましたが、昨年の秋に弊社に入社し、この世界に戻ってきてからというもの、自分の知らないすごい内容の情報と商品が沢山この世の中にはあるという事を思い知らされてきました…。いつも驚きの連続です!(笑)

まさに、井の中の蛙大海を知らず、この諺が当てはまるんですね!これまでの考え方に捉われてはいけない。まだまだ知らない事が沢山あるから常に学ぶ姿勢は忘れてはいけない!自分の知らない新しい情報や商品と出会うと、いつもそう感じています。

そのなかで最近、とある講師をお招きして「ホルモン免疫栄養学」についてのお話をお聞きしましたが、これもまた新たな学びの機会を得る貴重なものだったのでした。

人生常に学びの連続!奢ることが出来ないですね…。(笑)

野球解説者の落合博満さんは現役時代、調子が落ちてくるとバッティングフォームを連続写真にして写してもらい何処に不調の原因があるのかチェックし、そして周囲の声に耳を傾けていたそうです。打撃タイトルをいくつも獲り三度も三冠王になったにもかかわらず、慢心に陥らず広く他者の意見を求めていたとは意外な感じがします。ですがそこには向上心を持って、謙虚に他人に接して物事に取り組む姿勢が見て取れます。

大リーグで活躍する大谷翔平選手が、高校時代に目標達成のために作成した「マンダラチャート」をご存知でしょうか?

達成したい目標と、そのために必要な物事を8つ、更にはそれら8つの物事を得るために必要かつ行うべき事項を各項目に8つずつ挙げ、日常生活や野球の練習時に常に心がけていたそうです。

その中に、野球に関する練習や技術・精神面の事項のみならず、必要な物事8つの内の2つ、「人間性」と「運」の項目で、獲得するために必要とした事項に、「感謝」、「礼儀」、「挨拶」、「審判さんへの態度」、「本を読む」、「部屋掃除」、「ゴミ拾い」、「道具を大切に使う」等、が挙げられていました。

一見すると、野球の取り組みと関連が無さそうな事項もありますが、ここにも大谷翔平選手が、謙虚で前向きで、しかも向上心を持って野球に取り組んでいる姿勢が見て取れます。周りがあってこそ今の自分があるという事を、少年時代から理解していたんでしょうね…。本人もすごいと思うのですが、周りの見守る大人たちもこれはすごいと、個人的には思います。なかなかこんな風には考えられないですし、実践できないものですよ…。(笑)

ですが自分の人生を謙虚にかつ学び多いものにするためにも、出来る事は自分の生き方に取り入れていこうと思います…。

皆さんは果たしてどのように感じられましたでしょうか…!?